わからないことがありますか?

調べたいキーワードを入力してください

    Outbrainと相性の良いランディングページ(LP)のコツ

    まず大前提として、LPは、弊社のクローラーが読み込めるページである必要があります。
    クローラーは、コンテンツの内容を読み込むもので、アクセス権がないものは配信できません。LPにクローラーが必要とする情報が見つからない場合、Amplify管理画面上の広告、「Delivery」カラムの下に「Inactive」というステータスが表示されます。Inactiveの理由は「URL Unavailable」と表示されます。

    ここに、Outbrainでキャンペーンを成功に導くLPが持っておくべき情報、すなわち、必要なLP属性を網羅した包括的なガイドラインをまとめました。以下は、適切なクロールと弊社のシステムで有効と見なされるために必要な基本的要件と、パフォーマンスをさらに最適化するためにLPに追加できるオプション機能です。


    ご注意:
    このガイドは、HTMLの知識があること、並びにWebサイトのメタデータを調整する方法に精通していることを前提として書かれています。弊社のカスタマーサポートチームは、貴社ウェブサイトのセットアップに関連する問題については対応いたしかねますので、ご了承ください。


    最低限必要な情報


    有効なURL:

    LPのURLは、存在しているサイト(page status 200)に移動する必要があります。
    また、すべてのIPアドレスとユーザーエージェントを許可リストに追加することができます。

    タイトル:

    LPには、タイトルメタタグにタイトルが含まれている必要があります。
    タイトルメタタグなしで作成されたドキュメントは、広告のLPとしてリンクできません。
    さらに、タイトルと説明、両方のメタタグからクローラーが読み取るものに基づいて広告を分類するため、タイトルも正確である必要があります。


    最適なパフォーマンス


    概要:

    言語と分類は、タイトルと説明のメタタグから読み取られます。
    つまり、説明がより詳細で正確であればあるほど、広告がネットワーク上で配信されるときの言語と分類もより正確になります。


    サイト公開日:

    問題が発生するのを防ぐために、LPの公開日が将来の日付に設定されていないことを再確認しましょう。

    最後に、弊社のプラットフォームに最適化されたWebサイトのメタデータの例をご紹介いたします。

    もっと知りたい?

    アウトブレイン担当者と話す

    問い合わせ窓口