わからないことがありますか?

調べたいキーワードを入力してください

    OutbrainのIABカテゴリーターゲティング(コンテクスチュアルターゲティング)の使い方

    IAB カテゴリーターゲティングはどのように機能するか?

    OutbrainのAmplify管理画面内にあるこのターゲティング機能により、キャンペーンをユーザーにとって最も関連が高いコンテキスト、そしてバーティカル特有の記事に絞り込むことができます。

    カテゴリーターゲティングを使うと、IABによって定義された広範なバーティカルカテゴリーリストから選択できます。これにより、キャンペーンは、「ビジネス&金融」などの幅広いトピックから「趣味&興味>チェス」などの細かいトピックまで、選択したバーティカル条件を満たす特定のページでのみ実行されます。

    これは、インタレストターゲティングまたはアトリビュートターゲティング(サードパーティDMP)とは対照的です。これらは、どのパブリッシャー画面が表示されているかに関係なく、コンシューマの特徴と特性に基づいてユーザーをターゲティングしています。

    Outbrainは、パブリッシャーとcode-on-pageによる直接的な関係を築いていることにより、他のコンテキストプロバイダよりも高度なカテゴリーターゲティングを提供することができます。当社のパブリッシャーパートナーのコンテンツは、ページレベルと記事レベルで分類されており、ドメインレベルで幅広くターゲティングするのではなく、ユーザーに特化したコンテンツをターゲティングにすることができます。

    カテゴリーターゲティングは、サードパーティクッキーの衰退においても、皆様が引き続き、最も関連性の高いユーザーにリーチし続けるためにOutbrainが投資しているコンテキスト機能の一部です。Outbrainのアイデンティティとプライバシーに対する取り組み、そしてインタレストベースとコンテキストベースの提供に向けて予定しているアップデートについて詳しくはこちらをご参照ください。

    Amplify管理画面でカテゴリーターゲティングを利用する方法

    キャンペーン設定の「Targeting 」セクションには、標準オプションとして「Contextual IAB Caterory Targeting」があります。使用可能なIABカテゴリーをドロップダウンから選択し、バーティカルを決定するだけです。また、特定のバーティカルを除外して、キャンペーンが最もブランドに適切な環境に表示されるようにすることもできます。

    キャンペーンに重めのターゲティング(コンテクスチュアルターゲティングに加えてオーディエンスターゲティングなど)を適用することは、スケールするのを妨げることになりますので避けてください。カテゴリーターゲティングの利用にあたり、最小CPCはありません。しかし、ターゲティングを実施する際には、ユーザーリーチに十分な競争力のあるCPCかどうかを常に確認するようにしてください。

    カテゴリターゲティングは、Outbrainのその他のターゲティングおよび最適化機能と一緒に利用することができ、すべてのサプライタイプでサポートされています。

    IABカテゴリー別の内訳のレポートは、管理画面のScheduled Report 、もしくはOutbrain APIを使用して入手できます。

    もっと知りたい?

    アウトブレイン担当者と話す

    問い合わせ窓口