キャンペーンで到達可能なインプレッションを把握する方法_BETA版

キャンペーン設定の際、Reach Estimatorを使用すると、選択したターゲティングでリーチ可能な範囲と、潜在層の中でどの程度のユーザーにリーチすることが可能かを知ることができます。

Reach Estimatorとは?

Reach Estimatorは、選択したキャンペーン設定で到達できるデイリーインプレッションの範囲を予測し、リーチをダイナミックに調整した規模感で表示するため、ターゲティングの広さや具体的なターゲティング内容を理解することができます。

Reach Estimatorはどのように機能する?

Reach Estimatorのデータは、Outbrain独自のネットワークデータに基づいています。最新データを活用するため、毎日更新されています。

Reach Estimatorは、お客様が選択した設定とターゲティングに基づき、日々の推測値を表示します。例えば、特定のオーディエンスや場所をターゲティングした場合、Reach Estimatorのデータに反映されます。これにより、選択したターゲティングに対して十分な在庫があるのか、それとも制限がかかりすぎているのかを評価することができます。

Reach Estimatorの使用方法

Reach Estimatorは以下のような目的の為に使用します。

  • キャンペーンが、ターゲットユーザーに到達するのに十分な規模のリーチがあることを確認すること
  • 配信に関する潜在的な問題を見つけること
  • 今後のキャンペーンをの計画を立てること 

理想的なオーディエンスとは、広すぎず、広告に興味を持つ可能性が最も高い人々にリーチすることができる具体性を保っている状態です。具体性を追求しすぎてリーチが狭まりすぎるという状況は避けましょう。  

<< ご注意 >>
Reach Estimatorは、選択した特定のターゲティングに基づき、キャンペーンで利用可能なインプレッションを推定する機能ですが、パフォーマンスや特定の結果を保証するものではありません。

Reach Estimatorは、Amplify管理画面のどこにある?

Reach Estimatorは、キャンペーンの目的、クリエイティブフォーマット、デバイスターゲットを選択した後に、キャンペーン設定管理画面の右側に自動的に表示されます:

キャンペーンのターゲティングを変更すると、リーチの推測値が変化するのがお分かりいただけると思います。

尚、このReach Estimator機能は、2023年4月初旬時点、すべてのキャンペーンや広告主様の設定には反映されておらず、順次反映されます。