Outbrain レポートと Google アナリティクスのデータが異なるのはなぜですか?

Outbrain のレポートとウェブ解析ツールの集客レポートで数値が異なるのは当然のことです。数値の計測の仕方が異なり、またユーザーの移動の別の時点を計測しています。

しかし、それ以外にも、数値に乖離が発生する理由として考えられるものとしては、以下のものがあります。トラブルシュートにご活用ください。

• Google Analytics コードのサイトへの実装
よく見られる乖離の原因として挙げられるのは、サイト上にある記事ページの中に、GA 計測コードが入っていないものが存在する場合です。新規に追加したサイトセクションなど、GA でのトラッキングはできていますか。

• ページの不完全なローディング
ページが開いた後すぐにユーザーが別のページに移動した場合、ページ上の Google Analytics コードが訪問を記録できない場合があります。

• ユーザーによるブラウザー設定
訪問者のブラウザーのプライバシー設定で、Cookies、画像、または JavaScript が無効になっている場合、Google アナリティクスでは計測ができません。Google 独自のオプトアウト アドオンをインストールしたユーザーについても同じです。

• Google アナリティクスのセッションと Outbrain のクリックの比較
Outbrain で記録されるクリック数と、Google アナリティクスで記録される訪問/セッション数は異なります。Outbrain では、媒体社サイトでのコンテンツのレコメンデーションをユーザーがクリックするたびに、クリックを記録します。Google アナリティクスでは、一定時間内 (操作が停止してから 30 分後に時間切れになる) に行われたすべてのユーザー操作が 1 回のセッション/訪問として記録されます。たとえば、ユーザーが Outbrain 経由でコンテンツ拡散主のサイトを一定時間内に 2 回訪問した場合、そのユーザーは 1 回のセッション/訪問としてのみ記録されます。

• Google アナリティクスのサンプリング設定
Outbrain とは違い、Google アナリティクスのデータの一般的な基盤は、1 つのサイトで記録されたトラフィック全体ではなく、そのサイトへの訪問全体の一部データを利用したサンプリングです。Google アナリティクスは、非常に大きなデータセット を扱うレポートを生成する際にサンプリング手法をとっています。以下のスクリーンショットのように、Google アナリティクスのレポートはサンプリングに基づいて作成されていることがわかります。

 

• 異なるタイムゾーン
Outbrain のレポートは、システム時間である米国東部標準時間 (UTC – 5) に基づいています。Google アナリティクスで異なるタイムゾーンを基準としている場合、毎日生成されるレポートに差異が生じる可能性があります。

• Outbrain の UTM タグ付け
Outbrain キャンペーンに UTM タグを付けることで、Outbrain トラフィックをさらに正確に把握できるようになります。その後に Google アナリティクスで、限られた「All traffic sources (すべてのトラフィック ソース)」ではなく、「Campaigns (キャンペーン)」に表示されるキャンペーンごとのトラフィックを参照できます  (paid.outbrain.com からのトラフィックを表示)。

もっと知りたい

アウトブレイン担当者と話す

問い合わせ窓口