広告主

Outbrainのオプティマイズ機能:Conversion Bid Strategy(CBS)

Avatar
Setsuko Iijima
|  

アウトブレインのConversion bid strategy(以下、CBS)は、既にご活用頂いておりますでしょうか?今回は、CBSの4つのモード、それぞれについて詳しくご紹介します。是非今後の運用にお役立てください。


■Conversion Bid Strategy(CBS)の4つのモード

①Fully Automatic
②Target CPA
③Target ROAS
④Semi Automatic

■4つのモード共通事項

1)Outbrainが保有しているビックデータを活用する(全ネットワークにおいて、コンバージョンしやすいメディアは、どのようなメディアか? 等)
2)実際のキャンペーンのコンバージョンデータを活用する

1)、2)を軸として、配信面・時間帯・クリエイティブ毎で入札調整を行う機能をCBSと呼んでいます。では早速、それぞれのモードをご紹介します。

①Fully Automatic

本モードは、キャンペーンスタート時にお使い頂くことを一番推奨しているモードになります。最適化のポイントは、日予算に対して、コンバージョンを最大化させることです。スタート時に本モードを適用頂くことを推奨している理由は、できる限り抑制機能を抑えた上で、ダイナミックな入札を行い、クリエイティブのPDCAを回して頂くことで、絞りすぎないユーザーの中で、テストを開始できるからです。

入札CPCは、管理画面で設定いただくCPCの1.8倍までが基本のCPCとなり、掲載面ごとの入札は、基本のCPCから最大2倍まで上がります。

CPC変動イメージ

CPCの変動は毎時行われ、掲載面のPVやユーザー数、ユーザーの反応に応じて、各配信面に適切なCPCで入札されます。※CPCは上下変動します。

尚、Fully Automaticは、日予算に対して、コンバージョンの最大化を目指すもので、目標のCPAを入力する項目はございません。

②Target CPA

本モードの最適化ポイントは、管理画面上で設定頂く、目標CPAを達成させることです。

具体的には、直近7日間のCPAの状況を考慮しながら、設定された日予算の1/3を使った段階で、その日のパフォーマンスが目標範囲内か否かを判断し、調整します。もしも、目標範囲から離れている場合は、入札を抑制し、日予算の抑制が入る場合がございます。

入札CPCは、管理画面で設定頂くCPCの2.4倍までが基本のCPCとなり、さらに、掲載面ごとの入札は、最大2倍まで上がります。

CPC変動イメージ

尚、目標のCPAと合っていない場合も、露出を完全に止める機能はございませんので、ご注意ください。

③Target ROAS

最適化のポイントは、コンバージョンに対する価値を定義頂き、この価値(Value)に対するROASを達成させることです。CPCの変動幅は、②のTarget CPAと同様です。

コンバージョンの価値(Value)は、管理画面上のコンバージョンポイント設定画面にて、固定値・変動値どちらでも設定頂くことが可能です。

●価値固定のパターン
・1つのコンバージョンポイントの価値を〇〇円と設定(目標CPAと同様の数値)
・複数のコンバージョンポイントそれぞれ評価基準があり、優劣があるため、それぞれの価値を設定

●価値変動のパターン
・コンバージョンした際の価格が変動するため、動的に取得(複数の商品を扱う場合など)

参考)Target ROASとTarget CPAの違い
②のTargetCPAとの違いは、ROASで判断するか、CPAで判断するかの違いと共に、掲載面の配信ボリュームが変化することです。詳細は下記をご参照下さい。

例えば下記のように設定した場合
1コンバージョンあたりの価値:10,000円 = Target CPA:10,000円 もしくはTarget ROAS:100%

②のTarget CPAをご利用頂くと、

圧倒的にCV件数が獲得できるメディアAにフォーカスした運用となります。

つまり、「件数が獲得できるところにフォーカス=結果的にCPAを下げてくれる」という考え方になります。

一方で、Target ROASをご利用頂くと、

費用対効果がよいメディアBにフォーカスした運用となります。

つまり、「件数が獲得できるメディアAをとめることなく、ボリュームバランスが変わる =結果的にCPAを下げてくれる」 という考え方です。

④Semi Automatic

こちらはCBS機能スタート時から実装されている機能になります。①のFully Automatic同様最適化のポイントは、日予算に対して、コンバージョンを最大化させることです。

ただし、入札方法がこれまで見てきたモードとは、大きく異なります。
異なるポイント1):管理画面で設定頂く基本のCPCは変動しません。
異なるポイント2):掲載面ごとの入札調整は、1日1回のみになります。
※①②③は毎時入札調整

CPC変動イメージ

このため、①②③に比べて、入札が劣ってしまうこともございますが、CPCが推測しやすいというメリットがあります。

既にCBSをご活用頂いている多くのお客様は、KPI達成状況に応じて、①、②、③の中から適切なものをご利用いただくことが多くなっております。繰り返しになりますが、初めてCBSをご利用頂く際は、①Fully Automoaticをお勧めいたします。

もっと詳しく知りたい、また、自社に最適なモードを知りたい!など、ご質問やご相談等ございましたら、お気軽に弊社担当までお問い合わせいただければ幸いです。

Avatar

Setsuko Iijima