パブリッシャー

Outbrainが実現する新世代のデジタルレコメンデーション_Part 1

Avatar
ttaguchi

デジタルメディアが飛躍的な発展を遂げて、メディア消費にかつてない変化をもたらしたことに疑いの余地はありません。ほぼ一夜にして、オンラインユーザーの行動とメディア消費は変化し、デジタル広告費に大きな影響を与えました。

また、Kantarの調査では、マーケターがいかにイノベーション、スピード、および有効性を重視するようになっているかが示されています。これらは、パンデミックを超えてデジタルメディアの成長を加速させる可能性のあるトレンドとなっています。

これにより、当然ながら人々はさまざまなデバイスや新しい環境下でより多くの時間を費やすようになりました。2022年には、モバイルアプリのダウンロード数は2017年から45%の増加となる、2,580億に達すると予想されています。このようなデジタル消費のパターンが進化し続ける中、私たちは新しい環境とメディア体験に対して意味のあるレコメンデーションができるよう、技術を進化させています。

Outbrainのレコメンド技術は、従来のパブリッシャーサイトの枠を超え、メディアオーナー、デバイスメーカー、テクノロジー企業にご利用いただき、さまざまなデバイス、ウェブ、アプリ環境、革新的なプリインストール体験など、ユーザーが新しい発見をする機会があれば、いかなる場所でもレコメンデーションを実現いたします。

様々な環境に対応した広告

Outbrainのレコメンド技術は、スマホのウィジェット画面、ウェブポータル、ブラウザのニュースフィード、アプリから、ロック画面、プッシュ通知、プリインストールアプリ、ニュースレターまで、さまざまな環境、ユーザーインターフェース、プラットフォームにも実装することが可能です。可能性は無限大です!

ネイティブはユーザーエンゲージメントとマネタイズが交差する場所

また広告主は、より魅力的でインパクトのある方法でオーディエンスにリーチする手段を常に模索しています。だからこそ、彼らはネイティブに注目し、明らかな広告ではなくオーディエンスの注意を引くようなコンテンツを作るスペースを確保しているのです。ネイティブは広告主にとって収益を最大化する大きなチャンスであり、現在ディスプレイ広告予算の62%がネイティブフォーマットにシフトしています。

実際、世界のネイティブ広告市場は、2032年末までに6,500億ドルを超えると推定されており、今後10年間で375%という大幅な成長率が予測されています。もちろんこれは、ネイティブのセクションが従来のバナー広告に比べてエンゲージメント率が20~60%高く、ディスプレイバナー広告の3倍の継続率を誇っているということが背景にあります。

当社のネイティブ広告ソリューションは、さまざまなデバイス、ウェブやアプリといった環境、プリインストールを含め、広告が表示されるメディアフォーマットの見え方や操作性、機能に対応可能で、ユーザーにとって邪魔にならない、魅力的で最高のユーザー体験を提供します。

あらゆる場面でお客様をサポート

Outbrainでは、柔軟で効率的、かつ技術的に堅牢なエンドユーザーおよびパートナーサービスを通じて、シームレスなネイティブレコメンデーションを提供することに取り組んでいます。JS、SDK、API(エンドポイントとサーバーサイドの両方)などのWeb標準規格をサポートし、RTBやHeader Bidding(Prebid、Amazon TAM、Google Open Biddingによるクライアントとサーバーサイドのオプション)によるプログラマティック接続を可能にする機能を備えています。Outbrainのデマンドと機能の導入は軽量で、ページロードが遅延することはなく、ネットワークアップタイムは99.99%となっています。

専門性の高い専任のサポートチームと実装エンジニアが、導入から保守、最適化までサポートいたします。

まとめ

ユーザーの消費パターンは常に変化しており、デジタルメディアは今後も拡大、進化を続けるでしょう。そこでOutbrainは、ユーザーが時間を費やすデバイスや環境において、ブランドとユーザーを結びつけるサポートをしています。当社のレコメンデーションテクノロジーは、さまざまな環境、ユーザインターフェース、プラットフォームに組み込むことができ、フルスタックレコメンドパートナとして、多くのプレースメントでシームレスにネイティブ広告の提供を実現します。一言でいえば、Outbrainは、どんなユーザーにも、どんなデバイスにも、どんな場所にも、適切なレコメンデーションを提供いたします。

Avatar

ttaguchi