【コラム】ヨーロッパの新しいデータ保護法はAdTechを殺すのか?

Miho Horinouchi
Miho Horinouchi
|

ヨーロッパにおいてGDPRという新しいデータ保護規制が2018年5月より発効する事になり、注目を集めています。

引き続き詳細およびアップデートについては確認を続けていく必要がありますが、アウトブレインとしては、GDPRおよびその他の新しいプライバシー法が広告業界における後退とは考えていません。 むしろGDPRは広告業界にとって、人々がデータに今何が起こっているのかを理解することを助けるための、重要で必要なステップとして、適切なプライバシー規制を歓迎します。 ユーザーにとっての追加の利点は、データに対するより優れた制御です。 GDPRに焦点を当てたプライバシールールの進化は、個人のデータを保護するように設計されています。

アウトブレインの使命は、読者が関連性のある興味深いコンテンツを発見するのを助けることです。 私たちの使命は、コンテンツの発見がプライバシーに優しい方法で行われ、GDPRに準拠した形で今後も実施します。

GDPRとは?

EUのGDPR(General Data Protection Regulation)は日本語では一般データ保護規則とも呼ばれ、以下のような目的で設定されています。

  • ヨーロッパ各地のデータプライバシー法を互いに調和させる。
  • EU市民がいつどこでデータにアクセスした場合でも、彼らのプライバシーを保護する。
  • 組織がデータプライバシーにアプローチする方法を変える。

現時点においては各企業はそれぞれ、GDPRが要求するアカウンタビリティを実証していく必要があります。 このレベルのアカウンタビリティは、すべての組織がプライバシーコンプライアンスを視野に入れて、文化的および組織的に根本からの変化を達成することを意味します。

GDPRおよびその他のプライバシー法への準拠

マーケターやパブリッシャー向けのアウトブレインのサービスは世界中で利用可能です。 アウトブレインはパブリッシャーパートナーのサイトのゲストであるため、各パブリッシャーは当社のサービスで使用されているクッキー(または類似のテクノロジー)の追跡を許可するよう、ユーザーの同意を求めます。 さらに、アウトブレインは完全な透明性と、私たちのアルゴリズムによりパーソナライズされた個別のコンテンツリコメンデーションを、ユーザー自身がオプトアウトする能力を提供します。

アウトブレインはその他にも、GDPRがプライバシーコンプライアンスの新しい標準になって点について、どのような対応をしていますか?

アウトブレインにとってプライバシーに対するコミットメントは新しいものではありません。 私たちはプライバシーはアウトブレインのDNAの一つであるべきだと考えています。 このため、私たちはプライバシーコンプライアンスハブと提携し、グローバルプライバシープログラムを開始しました。 私たちのプライバシープログラムは、社内のウェブサイトに完全に文書化されており、アウトブレインが継続的に遵守することに同意する主要な約束事を中心としています。 もちろん、私たちのユーザーも私たちのプライバシーミッションの中心です。

さらにアウトブレインは、大切なユーザーに対し、アウトブレインとは何か、アウトブレインが何をしているのか、また何よりアウトブレインが収集した情報をどのように使用するのかについて、新しいベストプラクティスを確立するために、業界全体で議論および活動を進めています。 また実際にGDPRをどのように実施するかに関する継続的な議論のために、複数のテクノロジー組織からセキュリティ、コンプライアンス、法律の専門家を集め、GDPR「シンクタンク」グループも立ち上げます。

アウトブレインのプライバシープログラムは主にGDPRを中心にしていますが、同時にアウトブレインはe-プライバシー規制についても厳重にチェックおよび監視しています。 e-プライバシーは欧州議会の議決を経たタイミングでありますが、現在提案された規制の意図しない結果のすべてについて、意図された目的、解決策、および理解に加盟する前に、重要な作業が先行していると考えています。 発効日にかかわらず、アウトブレインは既にe-プライバシーコンプライアンスに準拠する目的で、パブリッシャー向けのサービスの代替バージョンを提供しています。

GDPRとユーザーからの信頼性

アウトブレインを始めた当初から、私たちのCEOで共同設立者のヤロン・ガライは「マーケットにおける通貨はドルではありません、ユーザーからの信頼がアウトブレインにとっての通貨です」と繰り返し述べています。

この原理原則が、アウトブレインと業界がデータのプライバシーを通じてその信頼を構築し続ける必要がある理由です。

Miho Horinouchi

Miho Horinouchi

アウトブレインジャパン株式会社 マーケティングマネージャー