アウトブレイン、DMP専業大手のインティメート・マージャーとの提携を発表 | outbrain.com/jp

CONTENT MARKETING & DISCOVERY

アウトブレイン、DMP専業大手のインティメート・マージャーとの提携を発表

| Hiroshi Shimase

本日、約4億のオーディエンスデータを保有する国内最大級のデータマーケティングカンパニーである株式会社インティメート・マージャー(以下IM)との提携により、 コンテンツをレコメンドされたユーザーの分析が可能になったことを発表しました。 今回の提携により、 Outbrainから集客した読者を深く理解し、 ターゲットペルソナに対するより精度の高いコンテンツ制作や集客戦略のPDCAに役立てることができるようになりました。

 

コンテンツマーケティングでは、 長期的に潜在顧客との関係を構築することが重要ですが、 質の高いかつユーザーの求めるコンテンツの計画的な制作を課題に抱える企業が多いのが現状です。 今回のOutbrainとIMの連携により、 IMが提供する5,000を超えるデモグラフィック情報やサイコグラフィックな情報を含む約4億のオーディエンスデータを活用し、 Outbrainネットワーク上でレコメンドしたコンテンツに接触したユーザーを可視化・分析することが可能です。

 

Outbrain×IM分析サービスについて
・レコメンドしたコンテンツ接触ユーザーの分析軸例

「コンテンツ別」・「クリエイティブ別」・「購買ファネル別」

・取得するデータ例
「年代」などのデモグラフィック情報、 「キーワード」・「趣味嗜好」などのサイコグラフィック情報

Outbrain×IMデータの活用シナリオ
・コンテンツ制作や集客戦略のPDCAへの活用
Outbrainでレコメンドしたコンテンツやクリエイティブと読者の相関性を明らかにし、 コンテンツマーケティングの戦略立案に活用。

 

日本最大級のデータマーケティングカンパニーであるIMとOutbrainが連携したことで、 集客したユーザーの詳細な分析や、 どのようなコンテンツとユーザーとのマッチングがビジネス成果につながるかを可視化することで、 長期的にリーチしたいユーザーと関係の構築が可能となりました。 また複数の広告主様におけるパイロットテストの結果、 集客とオーディエンス分析の連携に対するニーズも高いことが判明しました。 今後、 プロダクト間のデータ連携を進化させ、 IMのデータ分析力とアウトブレインのコンテンツマーケティングの知見を駆使してより効果の高い集客・分析およびフルファネルでのコンテンツマーケティング支援を実現し、 より一層クライアント様のニーズに応えてまいります。

 

本サービスについてのご相談・ご提案依頼は、「お問い合わせ」よりご連絡ください。

Hiroshi Shimase

Hiroshi Shimase

アウトブレイン ジャパン株式会社 社長

Loading